大東精機株式会社

「私の就活①」2018.12.20 by小山

【私の就活①】by小山

就活をはじめるまで・・・

詳しく見る元に戻す

こんにちは!大東精機 採用担当の 高田 です!

今回、2019年4月入社予定の内定者小山さんに、
『私の就活』についてブログを書いてもらいました!

尼崎のものづくり企業に興味のある方、
先輩内定者の声としてぜひ参考にしてみてください!!


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥


こんにちは、2019年4月入社予定の小山です!

私が就職活動を本格的に始めたのは3回生の2月からでした。

今回は、それ以前の学内の講座やインターンシップのことも含め
3回生の春休みまでのことを中心に書いていきたいと思います。

まず、私が就職活動を1年後に控えたときに感じていたのは
就活に関する知識がほとんど無かったことと、
面接を受けた経験がゼロに近かったことからくる不安でした。

元々何をするにも準備万端にしてから臨まないと自信をなくしてしまうタイプなので、
周りの人より少しでも差をつけて不安を減らしたいという思いから
学内で行われていた就活セミナーや外部講師の方が行う就活講座に積極的に参加しました。

そのため、とても簡単なものでしたが年内には履歴書も一通り書く内容ができていて、
面接・グループディスカッションの練習も何度か経験することができました。



『3回生の夏休み』

夏には食品加工メーカーに3日間のインターンシップに行くこともできました。

その頃は、漠然と「食べ物が好きだからとりあえず食品メーカーに行ってみたい」
という思いからインターンシップ先を選んだのですが、
その中で中小企業の経営について社長さんからお話を伺うことができたり、
働く現場を目の当たりにしたりして自分が社会に出たときになっているべき姿を
想像するきっかけにもなりました。

インターンシップに行く必要性を感じなかったという話も聞くことがありますが、
将来何がしたいのか分からなかったり、
働くことを具体的にイメージできなかったりするなら行ってみて
何かしら学べることはあるのではないかなと私は思っています。



『ガクチカ、自己PRを考えてみる...』

3回生の就活準備で一番悩んだのは、履歴書の内容でした。

特に、「学生時代に力を入れたこと」と「自己PR」の項目で
それぞれ何を題材にするかかなり考えていたように思います。

高校時代までさかのぼって、
自分が今までどんな思いで何を頑張ってきたのかということや、
他己分析で友人や家族、アルバイト先の店長などに
自分の性格や長所・短所を聞いて回ったりしていました。

履歴書を書いていて、自分で自分を見ることも大切だけど
他人(特にアルバイト先の人などプライベートで関わりのない人)から見た自分の印象は、
自分自身では気づいていないことも多いので
それを参考に学生時代のエピソードと結びつけるのもいいのではないかと思いました。

また、本番の履歴書を書くまで1年以上あるなら、
これから何か新しいことを始め、それを題材にするというのも一つの手だと思います。

特に就きたい業種や職種が定まっているのであればそれに関連した知識を身に着けたり、
関連したアルバイトをしたりすることもできると思います。




『業種と職種を考えてみる...』

業種や職種についてですが、先に書いたように

「食べ物が好きで食品業界に興味がある」

といった広く浅い方向性はあったのですが、
いざ仕事をするとなると嫌いでさえなければなんでもできるのではないかと思い、
特に業種・職種を定めた就活はしませんでした。

そう思えた理由はアルバイトをしている飲食店でのホールスタッフの経験からです。

アルバイトを始める際、自分は人見知りで人と接することが苦手だと感じていたので
接客業は絶対向いていないと思っていました。

しかし、慣れてくるとお客様と話すことが楽しくなり接客が苦ではなくなってきて、
向いてないわけではないと感じられるようになったからです。

その分説明会では会社の雰囲気や風通しの良さといった部分に注目して臨んでいました。

どうしても説明会だけでは分かりづらい部分なので、
会社見学がある際は積極的に参加するようにしていました。

将来何十年と働くかもしれない以上、
全く社内を知らないで入社を決めるのはやはり不安に思うので
見学の機会があれば参加するべきだと感じました。

今回内定を頂いた大東精機の選考を決めたきっかけも説明会の時の様子や説明の内容から、
会社見学で社内の様子を見てみたいと思い見学に参加したことからです。



『いざ、会社説明会へ・・・!』

会社説明会についてですが、
私の大学では3回生の2月・3月にほぼ毎日学内で説明会が行われていました。

業種・職種を絞っていなかったため、
少しでも興味がある会社には参加することを目標に
合計で40社ほど聞いて回っていたと思います。

学内説明会メインで行っていたので、
就活ナビサイトから説明会に行った会社は5社くらいでした。

その中で仕事内容や勤務地などを考慮して、
本当に入りたいと感じた会社だけ受けるようにしていました。

興味がないけれど選考に進んで経験値を積むという方法もありだと思いますが、
私の場合途中で気が抜けるとそのまま引きずってしまうと思ったので
6月頃までをめどに、数は少ないけれど入りたいと思った会社に
絞って選考に進むようにしていました。



2018.12.20

【次回、本格的に面接や筆記試験を受けるようになってから・・・!】

共感応募する!

募集要項詳しく見る元に戻す

共感応募する!

企業情報詳しく見る元に戻す

共感応募する!