大東精機株式会社

採用担当者ブログVo.12(2019/08/23)

イメージ

採用担当者ブログVo.12

ホワイト(優良)企業・ブラック企業って??

皆さんこんにちは!

尼崎のモノづくり企業
大東精機㈱ 採用担当の牧です。

〈夏の高校野球〉
大阪代表の履正社が優勝しましたね!
中学2年生から本格的に高校野球を観戦するように
なってからずっと応援していた履正社が優勝して
喜びまくっている今日この頃です!
仕事中で試合自体は見ることは出来なかったのですが、
ハイライトで見てもアツイ試合してましたね
現地観戦したかったなぁ~

それにしても採用担当者2人ともが野球好きなので
前振りが野球ネタ多くてすみません。
大東精機にはサッカーやバスケ等々好きな人いるので
野球ファンじゃなくても安心してください!(笑)


今回は『ホワイト企業・優良企業とは?
ブラック企業って?』を題材に書いていきたいと
思います。

いきなりですが、皆さんが思う
ブラック企業ってどんな企業のことを言いますか?


世の中には超一流企業からベンチャー企業と
様々な企業で溢れかえっています。
でも超一流企業だからといってホワイト企業なのだろうか?
ベンチャーだからブラック企業だと言うのだろうか??

大手だから有名だからホワイトという考えは、
早めに捨てる事を私はオススメします。


大手企業は世間から注目を集めやすいため、
あからさまにブラックなことはしていないと思うし、
できませんよね。
しかし繁忙期は残業せざるを得なかったりします。
でも会社からは残業を控えて欲しいと
言われているのでしょう。
だから仕事を家に持ち帰ったり、
タイムカードを切った後に仕事をしたりする
サービス残業という言葉がこの世の中から
まだ消えないのだと思います。

残業時間の数字だけ見ればホワイトかもしれないけど、
給与で見るとサービス残業は給与に反映されていないから
ブラックになりますよね?
逆に残業時間が多いとけど給与にしっかり反映されていればブラックではない?
でも残業が多いからブラック?
何をもってブラック企業というか難しいですよね…


厚生労働省においては、「ブラック企業」について
定義していませんが、一般的な特徴として、
① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど
 企業全体のコンプライアンス意識が低い
③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う
などと言われています。


厚生労働省が定義づけできないのだから
ブラック・ホワイトの基準は人それぞれだと思います。
だって判断軸が違うのだから。
休日日数重視・給与重視・残業なしがいい
やりがい重視いろんな考えがあると思います。

例えば残業が少ない事を重視している人に、
「給料1.5倍にするから残業して」と言われても
その人はお金よりも時間を大切にしているわけだから
残業が繰り返されるとブラックと
感じてしまうかもしれないですよね。


世の中的にもブラック企業認定されている会社で
働いている人、そこに入りたいと
就活している人いますよね?
それは彼ら彼女たちにとってブラックと感じていないもしくは
ブラックでも頑張れる何かがあるのでしょう!

ただ他社の人事の方々とお話をさせて頂いたときに、
入社することをオススメしない企業の特徴として
あげられていたのは…
・年収の高さをやたらアピールする企業
(1年目から1千万稼げます)
・ちょっとでも違和感や不審に思った企業
 (人事と面接官の言っていることがあきらかに違う)
とおっしゃっていました。

私的に合説で判断するポイントとしては
『人事の態度』だと思います。
・笑っているけど目の奥は笑っていない
・ダルそうに説明している等
その会社の代表で来ているにも関わらず
そんな態度の人が居る会社
(そんな人を代表として合説に出させる)って
どうなん?!ってなりませんか(笑)

長々書いてしまったけど、
つまりは誰になんと言われようと
軸をぶらさない人が優良企業に勤められる可能性があるよ!
会社の規模や名前にとらわれることなく
自分の妥協できないことを突き詰めて就活していこう!!
ということが言いたかったです。
その企業で働くのは友達でもないし親でもない。
自分自身だから自分が納得できる会社こそ
優良企業だと私は思います。