大東精機株式会社

採用担当者ブログVo.26(2020/06/01)

イメージ

【人材開発チームに新たな仲間が増えました】

〈新しく採用担当になりました!〉

皆さんこんにちは!
『鉄骨切って60年、尼崎のモノづくり企業』
大東精機株式会社の牧です。
人材開発チームに新たな仲間が増えたのでご紹介します。


〈新しく採用担当になりました!〉

この度、春から採用担当になりました大﨑一真です。
現在コロナウイルスにより
とても大変な就職活動になっていると考えられます。

そんな状況下で恐縮ですが、自己紹介させていただきます。


・自己紹介
年齢:28歳(平成3年生まれ)
最終学歴:同志社大学社会学部社会学科
社歴:4年目(東京で約2年半、SEとして勤務)
現在の担当業務:採用活動・新人研修・給与勤怠管理等

私はこの大東精機(株)に入社したのは中途で入社しました。
入社前は東証一部上場の信販会社に勤めておりました。
福岡県で半年間の新人研修を経て
鹿児島県の支店で営業として本配属となりました。
営業として中古車販売店・リフォーム店等に分割支払いの
金融商品の提案を行っておりました。
丸2年働き、転職で当社に2017年入社しました。

全くの文系ですので機械について学ぶ最前線の部署である
営業本部に配属されました。
約2年半、東京営業所で機械の修理・営業をしていました。
油圧回路・電気回路を読み、
試行錯誤で取り組んだ2年半でした。

・『なぜ4000人規模の会社から
180人規模の会社に転職したのか』
答えは一つです。
人生を終える時に「この仕事やって良かった」と思えるか
どうかという私の価値観です。

企業の規模感・自分の仕事・年収・ワークライフバランス
職場環境など人それぞれ大事にしている価値観があります。
人生の大半は仕事になるであると私は考え、
「仕事」を重視しました。
私は転職サイトではなく、
知人の紹介で弊社を初めて知りました。
当時の弊社の状況を知った時、
「中小企業は不安だな」ではなく
「根拠はないけどこれから伸びていくかも!!」と
感じました。
また元々人材育成・採用に興味があり
そのような仕事が出来たらいいなと考えていました。
不安より上記に挙げた私の価値観・希望の業務が
大東精機だと当てはまるかもしれないと考え
転職を決意しました。



・学生の皆様、求職者の皆様
進路・バイト、今までの人生で色々決断してきたと
考えられます。
親御様の意見も参考にしてきた時もあったと思います。
就職!!このライフイベントは誰の意見を聞いても
結局自分しか決める人はいません。
誰の責任でもなく自己責任で決めることです。
自分に向き合い、自分の正直な気持ちで決断してください。
また周りの友人が内定を貰っても一喜一憂せず
「納得内定」にこだわってください。

そんな皆様に対して納得の出来る環境を
我々は準備してお待ちしております。
今後とも宜しくお願い致します。