大東精機株式会社

採用担当者ブログVo.8(2019/07/19)

イメージ

採用担当者ブログVo.8

今週末三ヶ月ぶりの草野球に行ってきます!髙田です。

こんにちは。

尼崎のモノづくり企業
大東精機㈱採用担当の髙田です。

〈大東精機の選考って??〉
今回は当社の新卒選考についてお話しします。


大東精機は「学生に寄り添う選考」を実施しています。


具体的にどんなことをしているかというと、

・自社エントリーシートの添削
・面接後のフィードバック(1回~2回)
・メーカーの就活相談          

などなど、社会人目線、メーカーの採用担当目線で
お話ししています。

どうやったらこれしてくれるの?
⇒説明会や学校などで直接接点を持った学生全員が
対象です。


就活は学生が自分自身にとって一番良い選択をしてくれれば
いいと思って話をしますので、
当社のことを嘘偽りなくすべて包み隠さず話をします。

その中で信頼関係を築くことが出来るので、
内定辞退した学生がどこの企業を受けて、
どの企業に内定応諾したかを知っているし、
その学生がインターンシップの
手伝いにも来てくれたりします。

また、すべてを知ったうえで納得して入社してくれるから、
入社後の定着率が高いのもポイント。
(2015年入社以降で97%)


入社後のミスマッチは本当にお互いが
不幸だと思っています。
面接内で判断できない部分もあるから、
面談やアルバイト先にも会いに行きます。
その学生のことを知りたいから、
しっかりと向き合って、とことんぶつかります。

学生側もこの質問してもいいのかな?
と思う質問は全部してもいいと思う。
お互いの理解を深めることが
お互いの為になるだろうから。


企業選びって本当に難しい。
自分が見た企業の中だけで判断しなくてはいけないし、
本当に合っているかなんて説明会や面接だけでわからない。

だから大東精機を知ってくれた人には
出来るだけその学生に寄り添った選考にしてあげたいと
思っています。